川崎市宮前区 歯科医院、インプラント、審美歯科

歯周疾患とインプラント周囲疾患の新分類を読み解く【前編】 
歯界展望 ol.133 No.5(2019-5)

本稿の目的:「新分類の概要」および「歯周組織の健康」「歯肉炎」「歯周炎」の紹介

新分類
① 歯周組織の健康と歯肉疾患
② 歯周炎
③ 歯周組織に影響を与える因子
④ インプラント周囲疾患

新分類のkey changes

  • 歯周組織の健康」と「歯肉炎」の定義化
  • 慢性歯周炎と侵襲性歯周炎が「歯周炎」に統一
  • 歯周炎は「ステージ」と「グレード」で表現
  • 歯肉退縮の新分類の導入
    periodontal biotype⇒periodontal phenotype
    excessive occulusal force⇒traumatic occulusal force
    biologic width(生物学的幅径)⇒supracrestal attached tissues
  • インプラント周囲疾患の定義化
    歯周組織の健康と歯肉炎(歯肉疾患)の分類
    I. 健全歯周組織
    II. 減少歯周組織 歯周炎の既往なし
    III.減少歯周組織 歯周炎の既往あり
    歯周炎の分類
    I. 壊死性歯周炎
    II. 全身疾患の一症状としての歯周炎
    III.歯周炎
    ※歯周炎の新分類の病態:「ステージ(stage)」と「グレード(grade)」で表現。
    ステージ:Ⅰ~Ⅳの4段階に分類され、「重症度」と「複雑性」によって診断。
    グレード:A,B,Cに分かれ「主要基準」と「修飾因子」によって分類。

 

まとめ

  • 新分類は定期的に改訂されていく予定である
  • 歯周炎患者は生涯を通じて歯周炎患者であり、慢性疾患のマネージメントに成功したとしても、決して治癒することはない
  • 「ステージ」と「グレード」を決定する際、すべての項目を評価する必要はない
  • 「グレード」は初期治療の反応、コンプライアンス、リスクファクターを評価した後に修正しても良い