勉強会レポート

医療技術というのは日進月歩の世界であり、日々研鑽を重ねなければなりません。井上歯科クリニックに来院いただいた患者さんには、常に最高の歯科治療を提供させていただくために、毎月2回、勉強会を開いております。
ぜひ当クリニックの成果をご覧下さい。

2014年9月 8日

インプラントの抗菌ペプチドコーティング。ヒト細胞のための、組み換えヒトベータディフェンシンー2の生体互換性を調べる。

著者:Patrick H.Warnke 等目的:インプラントなどのような口内の人工材料には、細菌によるコロニー形成というリスクがある。上皮表面上と数種類の間葉組織内で、幅広いスペクトルの抗菌機能を発揮
・・・続きを読む

2014年8月11日

重度インプラント周囲炎を統合的外科手術で治療し、2種類の表面汚染除去法を評価しながら、4年間追跡観察した。

著者Frank Schwarz等 出展:J.Clin.Peiodontol2013、40 962-967目的重度インプラント周囲炎欠損を切除手術と再生手術のコンビネーションで治療した後の長期アウトカム
・・・続きを読む

2014年8月11日

大臼歯の抜歯直後に埋入したインプラントでの顎堤保存。イヌの実験研究。

著者Giacomo Favero等目的頬側面の水平的な残存欠損が2mmを超えていた抜歯窩に、舌側寄りに即時埋入したインプラントにおける骨吸収に対して、コラーゲンメンブレンと共に用いた脱蛋白牛骨ミネラル
・・・続きを読む

2014年7月 7日

ホワイトニング剤に晒された後の軟組織の変化

Soft-Tissue Alterations Following Exposure to Tooth-whitening Agents ホワイトニング剤に晒された後の軟組織の変化 著者Rebe
・・・続きを読む

2014年7月 7日

インプラント埋入後の、インプラント周囲の硬組織と軟組織の辺縁寸法に対して、頬側面の骨頂幅が及ぼす作用。イヌの実験研究。

著者Gabriele M. Baffone 等目的治癒後の歯槽堤にインプラントを埋入した後の、軟組織と硬組織の寸法に対して、頬側面骨壁の幅が及ぼす作用を、調べることにあった。材料と方法6頭のLabra
・・・続きを読む

2014年6月24日

ショートインプラントの早期成功を評価するための前向き研究

A Prospective Clinical Study to Evaluate Early Sucsess of Short Implants著者:Kelly S kennedy JOMI. 201
・・・続きを読む

2014年6月24日

顎堤を保存した部位に埋入したインプラントの、レントゲンアウトカムと臨床アウトカム。荷重後12ヶ月の追跡観察。

著者:K.Patel等概要(目的)本臨床研究の目的は、人工骨代替品、または牛骨異種移植片で、先に保存し ておいた歯槽堤に埋入したインプラントの、レントゲン像上の隣接面骨レベルと、生着率/生存率を、調べ
・・・続きを読む

2014年6月10日

インビトロのインプラント周囲炎モデルにおける、グリシンエアーフロー適用の清掃性

著者:Philipp Sahrmann 出展:COIR,24,2013,666-670目的異なるインプラント周囲炎欠損を模したモデルにて、インプラント表面に対する、グリシンパウダーブラスティングの可触
・・・続きを読む

2014年5月30日

生物学的幅径の寸法。系統的レビュー

著者:Julia C Schmidt等目的ヒトの生物学的幅経の寸法を、調べることにあった。材料と方法5種類の電子データベースを利用して、2012年9月までに発表された論文を、系統的に検索し、この検索に
・・・続きを読む

2014年5月28日

全身的に健康な女性の歯肉炎症に対して、妊娠が及ぼす作用。系統的レビュー

著者:Elen Figuero等目的妊娠と歯肉炎症の関係を、全般的に定量的に推定すること。妊娠中の歯肉縁下微生物プロファイル(バイオフィルム)と産後のそれの、量的、質的相違は存在するかを調べること。妊
・・・続きを読む

2014年5月28日

上顎洞拳上と関係した上顎洞炎とインプラントの予後との関係

著者:Young-Kyun Kim等出展:INT.J.ORAL. IMPLANT2013.28:178-183目的上顎洞拳上と関係した上顎洞炎の発生を調べること。インプラントの予後に対して、上顎洞炎が
・・・続きを読む

2014年4月30日

コーンビームCTを用いて、オトガイ孔内の下歯槽神経の位置を調べる

著者:Lutz Ritter 等目的下顎前歯部は、最も頻繁な、インプラントの埋入位置の一つである。重篤に萎縮している 下顎骨であっても、この領域に埋入されるインプントは、固定式補綴物も、可撤式補綴物も
・・・続きを読む

2014年4月30日

全身的に健康な女性の歯肉炎症に対して、妊娠が及ぼす作用。系統的レビュー

著者:Elen Figuero等目的妊娠と歯肉炎症の関係を、全般的に定量的に推定すること。妊娠中の歯肉縁下微生物プロファイル(バイオフィルム)と産後のそれの、量的、質的相違は存在するかを調べること。妊
・・・続きを読む

2014年2月24日

クロルヘキシジンチップを複数回適用することで、インプラント周囲炎を治療する

Treatment of peri-implantitis using multiple application of chlorhexidine chips: a double-blind, ran
・・・続きを読む

2014年1月31日

口腔底に対する動脈供給のばらつき、並びにインプラント外科手術時の相対的な出血リスクに関する評価

著者Yuji kastumi等 出展:Clin.Oral.Impl.Res24 2013 434-440目的ヒトカダバーを利用しながらオトガイ下動脈と舌下動脈の三次元的経路を明らかにすることと、顎舌骨
・・・続きを読む

2014年1月22日

Βリン酸三カルシウムによる歯槽堤増多時の開放創を覆う材料が及ぼす作用。イヌの実験研究

The Effect of Covering Materials with an Open Wound in Alveolar Ridge Augmentation Using Beta-Trical
・・・続きを読む

2013年12月23日

フロッシングによって、またスケーリング、ルートプレーニングによって引き起こされる、菌血症の発生と程度

Incidence and magnitude of bacteraemia caused by flossing and by scaling and root planningフロッシングによっ
・・・続きを読む

2013年12月10日

舌苔 関連要素 Tongue coating: related factors

目的多くの臨床治験で、舌苔と口臭の明白な関係が観察された。この舌苔がなぜそしていつ形成されるかは分かっていない。本研究の目的は、口臭を訴える集団にて、舌苔の存在と関係している可能性がある要素を分析する
・・・続きを読む

2013年12月10日

抜歯後の顎堤を保存するための異なるテクニックを、レントゲン評価する。無作為対照付き臨床治験

著者:Ronald E.Jung等目的:異なる顎堤保存法を適用した後の、歯槽堤のレントゲン像上変化を抜歯後6か月目に調べることにあった。材料と方法:上顎または下顎に抜歯を必要とする無症状の前歯、または
・・・続きを読む

2013年11月12日

小児と若年成人の歯肉色素沈着に対して、喫煙する親からの環境タバコ煙が及ぼす作用

JP/Sriangarajan ridharan/2011目的:片方、または両方の親が喫煙者である子供と、若年成人の色素沈着に対して、ETS (環境タバコ煙)が及ぼす作用を調べることと、これらの人物の
・・・続きを読む

PageTop

患者さんの声

院長紹介

勉強会レポート

歯科衛生士勉強会

セミナーレポート

診療の流れ

院内ツアー

診察科目

インプラント

インプラント

審美歯科

一般歯科

小児歯科

予防歯科

歯周病治療