勉強会レポート

合衆国成人における、快楽を得るための大麻(マリファナとハナッシュ)の頻繁な利用と歯周炎の関係

表題

Relationship Between Frequent Recreational Cannabis(Marijuana and Hashish) Use and Periodontitis in Adults in the United States: National Health and Nutrition Examination Survey  2011 to 2012

合衆国成人における、快楽を得るための大麻(マリファナとハナッシュ)の頻繁な利用と歯周炎の関係


著者

Jaffer A.Shariff


目的

合衆国成人(30歳以上)における、快楽を得るための大麻(FRC)(マリファナとハナッシュ)の頻繁な利用と、歯周炎の有病率との関係を、調べることにある。

 

材料と方法

データ源は 2011-2012年のNationa Health and Nutrition Examination Survey(NHNES)(国民健康栄養調査)に由来するデータを分析し、大麻使用の回答が得られ、歯周病検査6点法等検査が得られたデータを使用。

 

結論

大麻の使用に関するデータが利用可能で必須の共変量を有していた1938名のうち、 26.8%がFRC利用者であった。参加者毎の、PDが4,6, 8mm以上、ALが3,5,8mm以上の部位の平均数は、大麻利用者の方は有意により多かった。

img1204.jpg

戻る

PageTop

患者さんの声

院長紹介

勉強会レポート

歯科衛生士勉強会

セミナーレポート

診療の流れ

院内ツアー

診察科目

インプラント

インプラント

審美歯科

一般歯科

小児歯科

予防歯科

歯周病治療