勉強会レポート

インプラント周囲炎を治療するための再生アプローチの、長期レントゲンアウトカムと臨床アウトカム、系統的レビューとメタ分析

表題

Long-term Radiographic and Clinical Outcomes of Ragenerative Approach for Treating Peri-implantitis; A Systematic Review and Meta-analysis

インプラント周囲炎を治療するための再生アプローチの、長期レントゲンアウトカムと臨床アウトカム、系統的レビューとメタ分析


著者

Amy C.klln


目的

インプラント周囲炎を治療するための、再生療法の長期アウトカムを評価すること

 

材料と方法

取り込み基準は、
(1)1個以上のパラメータ又はレントゲンパラメータが報告されている事。
(2)10本以上のインプラント。
(3)36ヵ月以上の追跡観察された英語で書かれたヒト臨床験。

1990年1月から2014年4月の期間、MEDLINE,PubMed,EMBASE,Dentistry and Oral Sciences Sourceの各電子データベースで検索をかけた。

 

結果

1412本の論文が検索により検出されたが、メタ分析には6論文のみ使用可能であった。インプラント歯周炎を地用する利用できた3件の研究に由来する結果より判断して、インプラント周囲炎を治療するために再生治療が適用されてから36ヵ月以上の観察期間を経た後の平均RBFは2.14mmでそれには、他の臨床パラメータの改善も伴ったと言える。

被検者の全身状態、欠損の形態、汚染の除去法、及び使用される移植材のタイプは、アウトカムに影響しうる要素である。インプラント周囲炎を治療するために考慮されうる、非外科的治療、化学療法、切除治療、またはインプラントの摘出を含む、いくつかの治療選択肢の一つであると、本著者等は結論付ける。

戻る

PageTop

患者さんの声

院長紹介

勉強会レポート

歯科衛生士勉強会

セミナーレポート

診療の流れ

院内ツアー

診察科目

インプラント

インプラント

審美歯科

一般歯科

小児歯科

予防歯科

歯周病治療