勉強会レポート

局所用ミノサイクリンは、歯周メインテナンス中における炎症と臨床付着に影響する無作為臨床治験

表題

Local Minocycline Effect I flammation and Clinical Attachment During Periodontal Maintenance: Randomized Clinical Trial

局所用ミノサイクリンは、歯周メインテナンス中における炎症と臨床付着に影響する

無作為臨床治験


著者

Amy C.klln

 

目的

局所用ミノサイクリン(MM)がメインテナンスを受けていた患者に対し、ルートプレーニングを行った際に付加的な価値があるかどうかを調べる

 

材料と方法

取り込み基準

1 中等度から重度のCPと診断された   40-85歳

2 定期的なPMT歴を有すること

3 取り込み前のPMTが年2回以上でBOPを伴う5mm以上の隣接ポケットが臼歯部に存在

ルートプレーニングを単独で行った群と、MMを付加した群で、歯周ポケット、アタッチメントレベル、ポケット計測時の出血を比較した

 

結果

6ヵ月PMT中に、炎症を起こしている中等度の歯周ポケットを、SRPで治療しても、SRP+MMで治療しても、1年間に渡り、CALはPD、及びBOPと共に改善される。
MMはSRP単独に優る付加的な利益をもたらさなかった。

戻る

PageTop

患者さんの声

院長紹介

勉強会レポート

歯科衛生士勉強会

セミナーレポート

診療の流れ

院内ツアー

診察科目

インプラント

インプラント

審美歯科

一般歯科

小児歯科

予防歯科

歯周病治療