衛生士勉強会

2012年11月11日 石原先生の講習会 SRPについて

今回の石原先生の勉強会では、最後臼歯と前歯のSRPを相互で実習を行いました。

まずは、歯牙の解剖学的形態をしっかりと理解しながら、更に患者さんの歯並びや、口の大きさが違うので、状況によりポジショニングやレスト、ヘッドローテーション等を変えて器具を歯面に沿わせなければならない点を学びました。
そして、オーバートリートメントを避けるために炎症のある部位にだけ器具を当て、当てる力の入れ方にもON / OFFをつけることも重要であることを、学びました。


写真.JPG

実際臨床で行ってみて難しいと感じていた最後臼歯部も、石原先生にその場で直接指導を受けることができ、正しい感覚をつかむことが出来たので、とても有意義な時間でした。

今回の勉強会では、SRPを行うにあたり、患者さんのために健康な組織を傷付けないこととの重要性と、患者さん術者共に疲労を軽減させる最適な環境を整えることが重要だと思いました。
今回学んだことを活かして、SRPが確実に出来るようにして行きたいと思いました。

戻る

PageTop

患者さんの声

院長紹介

勉強会レポート

歯科衛生士勉強会

セミナーレポート

診療の流れ

院内ツアー

診察科目

インプラント

インプラント

審美歯科

一般歯科

小児歯科

予防歯科

歯周病治療