川崎市宮前区 歯科医院、インプラント、審美歯科

OsseoSpeed Surfaceが臨床にもたらすものとは

日時 2011年10月30日(日) 9:30~16:00
場所 ザ・プリンスパークタワー東京
IMG_0006.JPG
講演①
「Evolution and biological effect of the OsseoSpeed surface」
講演者Prof.Jan Eirik Ellingsen,Norway
Oral Research Labortory and Dept. of Prothetics and Oral Function
Institute for Clinical Dentistry, University of Oslo, Norway
講演②
「Influence of implant characteristics and scientific documentation of the OsseoSpeed surface」
講演者Prof.lyndon cooper,USA
Dept. of Prothodontics and Biochemistry & Biophysics
University of North calolina at Chapel Hill, USA
講演③
「Benefits and clinical relevance of the ASTRA TECH BioManagement Complex,with the focus on the OsseoSpeed surface」
講演者Prof.Tomas albrektsson,Sweaden
Dept. of Biomaterial Rsearch, The Sahlgrenska Academy at Goteborg University Goteborg, Sweden
Osseospeedインプラントは初期治癒、および長期予測の両面で優れた結果が得られている。特に表面をフッ素処理することにより、バイオフィルム難付着、生物学的封鎖(付着上皮の形成、上皮下結合組織の付着)が得られる。結果的に骨との結合を促進する。
辺縁骨レベルの維持にも優れ、インプラント周囲炎の発生を減少させる。
従来はインプラント埋入後2-6週後に見られたインプラント安定指数の大きな落ち込みもない。生存率は、委縮上顎無歯顎やサイナスリフトを施術した上顎臼歯部での即時荷重、抜歯窩即時埋入、委縮下顎の神経近接部への埋入を含んでも94.5%から100%という優れた臨床成果を出している。