川崎市宮前区 歯科医院、インプラント、審美歯科

インプラント支持補綴物の予圧に対して、トルクの適用法が及ぼす影響

著者

Hanan Nejer AI-Otaibi

出展

JOMI2017-32.259-263


目的

インプラント支持固定式総義歯のリムーバルトルクに対して、トルクの適用法(トルク締め、1回の再トルク締め、及び2回目の再トルク締め)が及ぼす影響を調べることにあった

 

材料と方法

アクリル製の下顎親模型に開けた4個の穴に、4本のNobel Biocareインプラントを暫間的に固定した(4.3×13+3:スレッド高径13㎜+カラー高径3㎜)。

標準化した方法で、メタルフレームワークを作製し、キャストし仕上げた。アクリル製親模型からインプラントを取り外し、それらをメタルフレームワークに手で締めることで、受動的に適合するフレームワークをを完成させた。次にアクリル製親模型上で、組み立てた全部品を再固定した。3種類のプロトコルで、トルク試験を行った。

1、スクリューを35Ncmで1回トルク締め

2、スクリューを35Ncmで締めた後、同スクリューを同じ値で即座に再トルク締め

3、スクリューを35Ncmで締めた後、2回連続的に再トルク締め

れぞれのインプラントのリムーバルトルクを、デジタルトルクメーターで記録した

 

結果

トルク1回再適用群で、最も高いリムーバルトルクが記録された(29.5±1.5Ncm)次がトルク適用群で(27.9±0.7Ncm)、最後がトルク2回再適用群であった(27.2±1.6Ncm)。

トルク群、及び2回再トルク群と比較して、1回再トルク群の方が、トルク値は有意により高かったことが、Games-Howell事後検定によって示された


結論

最初にアバットメントスクリューをトルク締めした後に、再び1回トルク締めすることで、スクリューのリムーバルトルク値は高まりうる。トルクを2回以上再トルク締めする際には、注意が必要である。なぜならそれは、リムーバルトルクに悪影響を及ぼしうるからである